歳月

今から48年前に読んだ、司馬遼太郎の「歳月」を読み返しました。
主人公は「江藤新平」。江藤は、佐賀鍋島藩。


佐賀藩は知力と軍事力において抜群なものを抱えながら、
封建思想にとらわれ、薩長土に後れを取った。
同じ藩で、大隈重信・副島種臣を輩出しながら江藤は、
卓越した倫理と事務能力で、
明治維新の激動期を司法卿として辣腕を振るいながら、
明治6年征韓論で、反対派の大久保利通・岩倉具視と対決し、
佐賀の地から明治中央政府への反乱を企てる「佐賀の乱」の首謀者となる。
薩摩・土佐と逃げ、最後は鳩首となる。


江藤新平がいなければ、日本の司法制度は確立しなかった・・・・・・
惜しい人を失った・・・・・・

 

| - | 15:03 | comments(0) | - | 『ビルドクター』福田紀之
渡辺淳一

私が28歳の時読んだ「風の岬」41歳の時読んだ
無影燈」を読み返しました。

 

風の岬」は、医科大学を卒業後1年経た25歳の青年医師が、
まだ虫垂炎の手術すら経験したことのない外科医の卵が、
急場の即席訓練を受けて西伊豆の町立病院に、
外科医長として出張を命じられる。
兎も角も現地に行けば何とかなるだろう。
困った時は、医局の先輩に電話で相談すれば良いのだから・・・
地方の病院に出張を命じられる若い医師が、その地で看護婦と深い中になり、
その虜になることを、医局では「懲役」といい、
結婚を「終身刑」というそうだ。

医師である、渡辺さんの実体験かと?思わせる内容でした。


無影燈」は、主人公は大学病院で講師までしたことのある外科医だが、
なぜか個人病院の医師となった。
彼は不愛想で冷ややかだが、腕は確かで患者たちに信頼もあった。
彼は看護婦や色んな女性との交渉もあるものの、一定の距離感を保つ。
これは、彼が不治の病に侵され、
あとわずかしか活きられないことを知ったことから来ている。


最後は自殺するが、個人病院の内幕や医業の実態が克明に描かれ、
現在の医療体制をついている。

 

これは作者の体験から来たものか?

 

 

| - | 14:20 | comments(0) | - | 『ビルドクター』福田紀之
第64回  AK33  その2

香取神宮:天智天皇4年(665)創建と伝えられる。
    区内最古の神社で、江戸古跡12社の
    1つ。藤原鎌足が東国下向の際、この亀の島に船を寄せ、
    香取大神宮を勧請して祀った665年が始まり。
    平将門の乱の時、藤原秀郷が戦勝を祈願して戦いに臨み、
    乱収束弓矢を奉納して勝矢と命名した。
    現在は、勝ち運を司るスポーツ振興の神として、
    多くのスポーツ選手が訪れる。


亀戸天神:正保3年(1646)大宰府天満宮神官の菅原信祐が、
    亀戸村の元からあった天神の祠に、
    道真の神像を祀ったのが始まりといわれる。
    深く天神を信仰していた4代将軍・家綱が社地を寄進し、
    寛文2年(1662)に大宰府に模して社殿や池を整備。
    境内は、梅の花が満開でいい匂いが境内漂っていました。

 

浅草寺:都内最古の寺院。寺伝よれば、
    本尊が姿を現したのは推古天皇36年(628)3月18日だという。
    今の墨田川近くに住む檜前浜成・竹成兄弟が漁をしていると、
    網の中に1体の像を見つけた。
    持ち帰って土師中知という土地の長に見てもらうと「聖観音菩薩」とわかる。
    土師中知は私宅を寺に改め、生涯漢音供養に捧げた。
    本堂裏に、様々な像がある。これは「9台目市川団十郎」であろう。

| - | 15:09 | comments(0) | - | 『ビルドクター』福田紀之
第64回 AK33  その1

今回のテーマは「平井・亀戸・浅草、江戸庶民馴染みの寺院を訪ねる」です。
JR平井駅をスタート・灯明時・平井諏訪神社・
亀戸中央講演・香取神社・定光寺・亀戸天神・隅田公園・
浅草寺
と廻り、浅草駅で解散。

 

燈明寺:正式には明雅山明王院燈明寺という。本尊は不動明王。
    創建時代は不詳、元暁という僧が開山と伝わる。
    江戸時代中期の寛延2年(1749)恵祐が寺を中興、
    聖天を勧請してお堂を建てる。
    「平井の聖天」として信仰を集めた。
    聖天とは、仏教の守護神で天界に住む歓喜天のことで
    観世音菩薩の化身。
    妻沼聖天(熊谷)・待乳山聖天(浅草)と共に、
    関東3聖天といわれる。

 

平井諏訪神社:信濃国の一宮諏訪大社の分社。
    享保年間に平井聖天の恵祐が、生国信州の
    諏訪大社の神霊をここに建立祭祀した事から始まる。

 

定光寺:曹洞宗の寺院で、亀戸七福神の一つ。寿老人が祀られている。
    境内に珍しい、アジア風の表情をした、特異な庚申塔がある。

| - | 15:05 | comments(0) | - | 『ビルドクター』福田紀之
ロボット

私の9歳になる男の子の孫が、
ロボットを組み立てパソコンで動かしています。

 

ある日電話が来て、“ロボットの調子が悪いから見て!”と。
お父さんに見てもらったら!と言ったら、
母親が “ジジは理系だから直せる”との事。

見てみると、ロボットの動くキャタピラ−の部分が、
張り過ぎて無理がかかている状態。
何回も試してみたが、やはりすぐ外れてしまう!

 

結論として、{部品の設計ミス}と言う事にして、ギブアップ
ジジの尊厳が、失われたた瞬間でした。

私から言えば、子供向けに売るオモチャは、
もう少し試作品を動かして壊れないようにして欲しいものです。

子供の夢を壊さないで欲しい!!!!!


私の小さい時、パソコンも無く、部品等も手作りでしたが・・・・

 

| - | 14:42 | comments(0) | - | 『ビルドクター』福田紀之
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode