安政の大地震展

文京区本駒込(六義園の近く)にある、
東洋文庫で開催されていた「安政の大地震展」に行って来ました。

熊本大地震の発生から1年経過、江戸時代に発生した「安政の大地震」。
人々は、地震はオオナマズが暴れるからと、信じていたようです????

東洋文庫は、創設者の岩崎家が1917年に購入した、「モリソン文庫」が中心です。
モリソンは、20世紀初頭に「タイムス」の海外特派員、中華民国の政治顧問で
多くの資料を集めた人です。

其れを、再現した文庫を見ながら、ゆっくりイスに座ると贅沢な気持ちになります。
| - | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
第44回 伝承話芸の会
伝承話芸を聴く会」に行って来ました。

桂藤兵衛の「干物箱」は、良く聞いた話で、落語の舞台も歩きました。

柳亭小燕枝の「鰻の幇間」は、始めて聞く話でした。

今は、幇間(太鼓持ち)が居るのか居ないのか?

私も、1度は芸者遊び体験してみたいものと、思っていますが・・・・・
| - | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
原爆死没者慰霊及び平和式典

習志野市主催の「原爆死没者慰霊及び平和式典」に参加しました。

習志野市は戦後50年目の平成7年度から、
被爆地の広島市・長崎市へ平和市民代表団を派遣しています。
今度の式典には、市長を初め200人位の参加者がありました。

ヒロシマ原爆投下時間8時13分に黙祷をした後、
花輪献納・献水した後、千羽鶴献納、その後全員で顕花をしました。

私は、昔にヒロシマ・長崎の原爆記念館に行った事があります。
孫達も是非観て欲しいと思います。

戦争のおろかさと平和のありがたみを、是非感じ取って欲しいと思います。
| - | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
夏野菜の料理
私の菜園では、今夏野菜が沢山収穫されています。
朝6時頃から7時頃、収穫時間です。

家内から、収穫ばかりで無く、たまには料理をして楽をさせて!
とのリクエストに応えました。

一つは、夏野菜の炒め物:ピーマン・パプリカ・人参・カボチャを使います。
これらの野菜を、まず短冊切りにして
ピーマン・パプリカ・人参はオリーブ油で炒める。カボチャは電子レンジで柔らかくする。
その後、カボチャと残りを一緒に炒め、本みりんと醤油だしを加えて、味付けをしました。

もう一つは、オクラを少し硬めに茹で、小さく切って、カツオブシをかけてました。
ミニトマトを色づけに使いました。

もう一つは、ツルムラサキの硬い部分を取り除いて、柔らかい部分を茹でる。
これを、小さく切って、醤油をかける。

もう一つは、たんぱく質を補うため、塩鮭の切り身を焼く。そこに大根おろしを添える。

味噌汁は、空芯采の刻んだ物を具にして、萱野だしと味噌で味付け。



これらを、そろえて家内に提供しました。
男の料理教室に入っている効果が生きました。
尚、食後の後片付けも、私の仕事です。
| - | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
けもの道
今から50年に読んだ、松本清張作の「けもの道」を読み返しました。

主人公?の民子は、脳軟化症の夫を養う為、割烹旅館で住み込み女中をしていた。
夫は民子をいたわるどころか、日々猜疑心を募らせる。
ある日、ホテルの支配人の小滝が、もっと安楽な生活を提案し、その提案に乗り
自宅を朱火に見せかけ夫を焼き殺す。
小滝の誘いに乗り、鬼頭の愛人になり、鬼頭の後ろ盾を得て、奔放な生活を送る。
夫の焼死事件は、警察と消防署によって失火となる。
しかし、事件を担当した刑事は、事件に不審を抱き独自捜査を進め、民子が夫を
焼死させたと結論する。
しかし、刑事はささいな理由で警察官を免職される。
自分を免職した上司の背後に鬼頭の姿をみる。
刑事は自分が調べたネタを新聞社に持ち込むが、最後に鬼頭の逆襲に会う。


殺人の構成と権力の裏側、男と女の色恋のとの構成。
昔より、今のほうが良く理解できるようになったと思いました。
| - | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode