<< 第69回  AK33  その1 | main | 葉菊の露 >>
第69回  AK33  その2

郷土博物館:公園内に郷土博物館もある。

      艦内に民俗展示室・上総堀の詳細がある。
      近くに「西の窪遺跡」があり、

      弥生時代と平安時代の2棟の復元竪穴住居が展示されている。

 

飽富神社:神社の格式を決める延喜式に先立つ「三代実録」に
     既にその名がある歴史ある神社で、君津地方で唯一の式内社である。
     祭神は倉稲魂命。

     特筆すべきは、七福神で、今は日本の神様は恵比寿天で、
     その他はインド・中国である。

     もう1つは、「筒粥の神事」で、占う葦の束に詰まった粥の量で、
     稲・麻・麦・大豆などの農作物の作柄を占う伝統行事が続いています。

 

 

| - | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bil-doctor.jp/trackback/1243980
トラックバック
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode