<< 第61回 AK33 その1  | main | 第61回 AK33  その3 >>
第61回 AK33  その2

おせん公園:草加せんべいの伝説上の創始者といわれる
      女性の名前から名づけられた。
      江戸時代,おせんは日光道中沿いに茶店を出して団子を商っていた。
      その団子は、おいしく人々に親しまれていたそうだ。
      ある日,通りがかりの武士から
      「団子を乾かし、伸ばして焼き餅にしてはどうか?」と言われ
      作ってみたところ、大変な人気になり、それが草加の名物になった。
      駅前に銅像・公園内に「草加せんべい発祥地碑」が建てられている。
      せんべい屋さんが、沢山ありましたが、元祖という店に寄りました。

 

 

札場河岸公園:昭和54年10月の台風20号で、
       綾瀬川一帯は大洪水に見割れた。
       この災害からの復興事業によってこの公園が築かれた。
       園内には、松井芭蕉の像・交差点の向こうには、
       曾良の像が立っています。

| - | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bil-doctor.jp/trackback/1244016
トラックバック
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode