<< 第6回 悠々会  その1 | main | 第6回 悠々会  その3 >>
第6回 悠々会  その2

日蓮上人辻説法跡:布教を再開した日蓮上人は、
       建長6年(1254)夷堂から松葉ケ谷の草庵に移り、9年間住んだ。
       当時の鎌倉は災害や疫病が続き、人々は不安と恐怖に怯えて居た。
       これを救うべき日蓮は、道端に立って
       辻説法を行い法華経の教えを説いた(日蓮38歳)。
       この辺りは武家屋敷と商家・町屋が立ち並び、
       人通りも多かった。翌年39歳の時、「立正安国論」執筆したが、
       他宗の信者から襲撃され、草庵は焼き払われた。

 

東勝寺跡:3代執権・北条泰時が葛西ケ谷に建てた北条家の菩提寺で、
     鎌倉幕府終焉の地。
     元弘3年(1333)14代執権・高時率いる幕府軍は
     新田義貞軍に追い詰められ、東勝寺に立てこもった。
     敗戦を覚悟して寺に火を放ち、北条一族870名は自害。
     敷地の奥に「腹切り櫓」と呼ばれる横穴がある。
     高時を含め戦死者を埋葬した墓とされる。

 

宝戒寺:天台宗の寺。北条氏滅亡後、一族の霊を鎮めよ
    との後醍醐天皇の命を受け、
    建武2年(1335)に足利尊氏が北条家屋敷跡に創建。
    四季を通じ花が楽しめる寺として知られ、
    特に秋に咲く白萩が見事で「萩寺」と呼ばれる。

| - | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bil-doctor.jp/trackback/1244021
トラックバック
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode