<< 藤崎の富士講  その2 | main | 第7回 悠々会  その2 >>
第7回 悠々会  その1

今回のテーマは「旧日光街道栗橋宿周辺を散策」です。
東部日光線の栗橋駅ヲスタート、顕正寺・浄信寺・深廣寺・栗橋関所跡・
八坂神社・経蔵院・伝靜御前の墓と廻り、栗橋駅で解散。

 

栗橋宿:日光街道の日本橋から数えて7番目の宿場。
    元和2年(1616)に正式な宿場が開設された。
    以降、利根川を渡る渡船場と関所を備えた宿場として栄えた。
    尚、昭和22年(1947)9月に関東全域を襲ったカサリン台風により
    利根川堤防が決壊し、当地区でも甚大な被害を受けた。
    旧街道沿いの電柱に当時の水位が表示されている。

 

 

顕正寺:浄土真宗大谷派の寺で、常陸国幡谷城主・幡谷信勝が創建。
    信勝は出家して親鸞聖人の弟子となり、唯信と名を改めた。

 

浄信寺:浄土宗の寺で、戦国時代の永正2年(1505)頃に創建された。
    本尊は阿弥陀如来像。
    墓地には「梅沢太郎右衛門の墓」がある。
    元和8年(1622)徳川2代将軍秀忠の
    日光東照宮の日光東照宮参詣の際、暴風雨の為利根川が満水し、
    将軍の渡橋が危うくなった。
    太郎右衛門は人夫を率いて水中に入り、懸命に橋の崩壊を防いだ。
    秀忠は、これに感激し、貞宗の名刀、日の丸軍扇とお墨付きを与えた。

 

深廣寺:浄土宗の寺で、元和元年(1615)宿場開設の功労者・並木五郎平が創建。
    樹齢300年を超える松の大木の下に21基の「六角名号塔」がある。
    高さ約3.6mの供養塔で「南無阿弥陀仏」と刻まれている。

| - | 13:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bil-doctor.jp/trackback/1244026
トラックバック
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode