<< 第7回 悠々会  その2 | main | 天気の子 >>
第7回 悠々会  その3

経蔵院:真言宗豊山派で、平安初期の貞観年間(859〜76)に創建された古刹。
    この寺には、源義経の内妻・静御前が
    義経を慕って待女琴柱と欧州に向かう途中、
    この地で義経の悲報を聴いた。
    落胆と疲労の余り病に伏し、
    寺での養生の甲斐もなく22歳の生涯を閉じた。
    琴柱は静御前を弔うため、京都嵯峨野から静の念仏仏である
    地蔵菩薩を持ち帰り、寺の本尊として弔ったと伝わる。

 

 

伝・静御前の墓:静御前の終焉地は、
    北海道・福島県・長野県・栃木県など数々の伝説が残って居る。
    墓所の正面には「静女之墳」と刻まれた石塔あり。
    その他に、義経の招魂碑や生後間もなく
    源頼朝によって殺された男児の供養塔がある。

 

 

 

 

| - | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bil-doctor.jp/trackback/1244028
トラックバック
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode