<< 第63回 AK33 その1 | main | 閉鎖病棟 >>
第63回 AK33  その2

お札と切手の博物館:王子付近は、綺麗な水が豊富な為
     製紙業が盛んになった。
     明治4年(1871)王子の地に大蔵省紙幣司(国立院脱局)が創設された。
     時期を同じくして、我が国に近代的な紙幣や切手が誕生。
     以来1世紀半、国立印刷局は一貫して紙幣・切手作りに関わり、
     その技術は世界トップレベルを誇る。

 

飛鳥山公園:8代将軍吉宗が享保の改革に一貫として整備造成され、
     桜の花見が出来るように江戸庶民に開放した。
     明治六年に、上野・芝・浅草・深川と共に、
     日本最初の公園に指定された。
     この日は、10月桜が1本咲いていました。
     尚、上りにモノレール「アスカルゴ」に乗りました。(無料)
     名前は、カタツムリのエスカルゴとアスカヤマの合成名前。

 

王子神社:王子大神と呼ばれた熊野三社権現の御子神の呼称。
     創建は不詳だが、源義家が奥州征伐に向かう折に
     勝利祈願に訪れ、甲冑を収めたという。
     元亨2年(1322)領主・豊島氏が熊野3社より王子神社を迎えて、
     「若一王子宮」と奉斎し、熊野に模して境内を整えた。
     「王子」の地名はこれに由来する。
     江戸時代家康は朱印地として、200石を寄進。

| - | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bil-doctor.jp/trackback/1244047
トラックバック
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode