<< 第63回 AK33  その2 | main | 第9回 悠々会  その1 >>
閉鎖病棟

映画の「閉鎖病棟」を、家内と見て来ました。
特殊な事情を抱えた人々が暮らしている
特殊な場所(閉鎖病棟)を舞台とした物語。


鶴瓶の、虚無的な表情で殺人の過去を背負って生きている
男の演技は見どころがありました。
しかし閉鎖社会の重苦しいテーマには、
こちらまで落ち込み暗い気分になりました。


作者は、色んな事情を抱えながら
前に進もうとする人々を描きたかったのでしょうけど?????

 

| - | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode