<< 奇病  プロローグ3 | main | 奇病  入院・手術 その2 >>
奇病  入院・手術 その1

入院当日、家内の運転する車に乗って、
入院に必要なものを持ち病院に向かう。
途中、お祓いを受けた地元の神社に寄って
手術の成功とその後の順調な回復を祈願」。


その後、イタリアンレストランで2人で昼食。その後病院に。
病室は、入院までの1夜だけのベッド。
私は、手術直前の検査と口腔外科で歯の処置。
家内が帰った後は、1人となる。
夜1人となると、ふと手術失敗や合併症などで、
死の影が浮かぶ

 

もし、戦争中の特攻隊生なら、
前日に何を考え、何を残しただろうか?


もし、刑務所で、死刑を告げられた前の日、
自分の犯した罪と被害者の事をどう思うだろうか?


むしろ、ずーと眠ったまま、何の記憶も残らない状態で、
死に向かった人の方が幸せなのだろうか?

 

夕食は1人で食べ、気持ちを落ち着かせるため睡眠薬飲む。
夜から、点滴が開始される。

 

| - | 13:39 | comments(0) | - | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode