<< 奇病  入院・手術 その1 | main | 奇病  入院・手術 その3 >>
奇病  入院・手術 その2

手術当日、朝風呂に入り、体を洗い・髭剃り。
その後、手術台で背中からの麻酔
顔に酸素マスクをされた後ねてしまう。
その間に、気管内チューブや尿管が入れられたらしい。


夜、ICU室で目が覚める。
全身が痛い痛い体が寒くなったり、暑くなったり
体位の移動も、ままならず。
こんな状態がいつまで続くのか?心配になる。
こんな事なら、手術なんかしなければよかったのに!


手術翌日の朝、もうICUから一般病棟へ
体位を少し変えるだけでも痛いのに!!!
これで本当に大丈夫?不安になる。


看護師につかまって、少し歩いたが、フラフラ、最後に気持ち悪くなる。
点滴は腕と腹と背中から、マカロニ状態でも、昼からもうオカユが出る。
食べられる状況でも無いが、力をつける為、数口食べる。


体型を変えることが痛くて、1人で出来ない状態。
先行き、不安しか残らない!

| - | 13:44 | comments(0) | - | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode