<< 奇病  入院・手術 その2 | main | 奇病  入院・手術 その4 >>
奇病  入院・手術 その3

術後2日目:家族が見合いに来る。
     オシッコは、チューブを抜いた為、
     小水は点滴スタンドにつかまりながら、
     1人でトイレに行く。
     しかし体位を変えるときは、看護師さんに起こしてもらいます。
     娘から、ケイタイラジオを差し入れてもらい、
     イヤホーンで音楽を聴く。
     この日の夜の担当看護師さんは、
     体位を変えることにも、
     余り手を貸してくれず。
     しかたがないので、自分なりに工夫して体位を変える。
     この厳しさが介護に必要な事なのか?と考えてしまう。


術後3日目:トイレは、1人で体型を整えて行けるようになる。
     大便も1人で出来るので、紙パンツもはずす。
     午後は、点滴スタンドにつかまり、廊下を行ったり来たり。
     看護師さんも、回復力にビックリ。
     久しぶりに、ひげをそりスッキリ。


術後4日目:先生より、レントゲンの結果が良いので、
     体に付けているドレイン配管・脊髄チューブ等、撤去する。
     残りは、点滴1個のみとなる。
     久しぶりに、家内差し入れの新聞を読む。

| - | 13:51 | comments(0) | - | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode