<< 奇病  入院・手術 その3 | main | 奇病  エピローグ >>
奇病  入院・手術 その4

術後5日目:病院生活をしてみると、人恋しくなる。
    同じ病室の患者さんの病状は様々で、
    カーテンで仕切られた各患者さんの様子は判らず。
    声をかけるのも、はばかられる雰囲気。
    家内が毎日来てくれて、たわいもない噺をする相手がいる事が、
    どんなに幸せな事かわかりました。
    退院日をいつにするかも、視野に入って来た。
    今日はクリスマスイブの日、病院の看護性からクリスマスカードをもらう。

 

術後6日目:今日から。体のシャワーがOKとなる。
     退院日も年末と決定。
     散歩の距離も増やし、時々後ろ向きに歩く練習もする。
     痛み止めの薬も、1日3回から2回に減らす。
     クリスマス当日、病院からクリスマスカードが届く。
     こんな、気配りもあるのだ!

 

術後11日目:本日は退院日。家族が迎えに来た。
    先生より、手術の内容説明が映像と共に説明があった。
    家での注意事項として車の運転・自転車の運転・
    込んだ電車に乗る事・胸を大きく開く作業・
    重いものを持たないこと・お酒の禁止
等、
    又家でもリハビリに励む事など。
    病院内では、有り余る程の時間があったのに係わらず、
    読んだ小説は1冊のみ。TVはあまり見る気がせず。
    時間があっても、気力が湧いてこない。
    ただボーと寝ているのみ。
    病院とは、不思議な空間だなーと思いました。
    ナースセンターを見ると、先生も看護師さんも、忙しく動き回っているのに!

家に到着して、シャバに帰った感覚!

| - | 13:57 | comments(0) | - | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode