<< 自然薯  その2 | main | 梅公園 >>
ヤマカン
「ヤマカン」という言葉があります。

テストの出題箇所を当てる、という意味で使われてます。
辞書では、「あてずっぽう」「計略で人を欺く」と書いてあり、
漢字では「山勘」と書きます。

この漢字の出所が「山本勘助」が語源だという説があります。
山本勘助は現在NHKの日曜ドラマの主人公です。

彼は、三河国牛久保の人で諸国を放浪するが
中年以降は武田信玄に仕え、その軍師となる。
片目で片足が不自由だったが、その智謀は随一との評判。
上杉謙信との川中島の合戦で、自ら立案した啄木鳥戦法の失敗で戦死。

こんな経歴から、どうして「ヤマカン」の語源になったのか
私は信じられません。
そして、どうして「テストの山当て」の意味になったのかも解りません。

私的には、多分別な出所があると思います。
誰か、知っていますか??
| - | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 『ビルドクター』福田紀之
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.bil-doctor.jp/trackback/472751
トラックバック
プロフィール
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
エントリー
アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
その他
モバイル
qrcode